新しい事を受け入れる体制

今の環境に新しい何かを受け入れるとき、それを受け入れる側の体制が大切だ。
新しいものを受け入れる体制がなければ、新しいものも本領を発揮できないだろう。
そのためには、受け入れる側にも覚悟が必要である。入ってくる新しいものがもつ覚悟だけではなく。

心理を考えて伝える

たまたま立ち寄った本屋のワゴンセールで手に取ったニーチェの入門書。

ニーチェの名前だけ知ってて、何した人かって事は知らない若しくは忘却の彼方だったが、手に取って見てみると気になる内容だった。

結局買わずに帰ったものの、やっぱり気になって図書館へ行き、多くの興味深い言葉が載っていた本を借りてきた。

そこにあった一語。

その他にも、面白い言葉がたくさん。

年末は浸れるだろうか。

なにを目指すのか

プロジェクトを進めるには、個人営業ではだめ。

個人営業では、プロジェクトとして請けられる仕事の範囲に限界ができる。

プロジェクトとして、自分の能力を超える仕事をするためには、不足する能力を補うためのメンバーを集め、チームでするべきである。

低い故に高く飛ぶ

最近,向上心が沸いてきました。
私事なので話す必要なんで無いんだけど,なんだかうれしいんです。
だらだらの生活に終止符を打つチャンスかも知れないと感じたんで…。
だらだらといってもチャラリンコしてるわけじゃなく,数年までの自分と比較してだらだらしてるって事です。
やることはちゃんとやってます。
ただ,それがほぼ必要最低限に近いんです。
なんてことだ!
最近,荷物整理してると小学校3年のときに描いてた将来の夢が書かれた学級通信が出てきました。
『学者になって,いろいろな発見をする。』
って書かれてました。
もうだらだらできません。
あのときの自分のためにも,今頑張らないと申し訳ない。
あの頃,将来の夢に向かって頑張ってきた自分に申し訳ない。
そして,これから先の自分に対しても…。

從低飛高。

当たり前かも知れないですけど,これができる人は今どれくらいいるんでしょうか。
今なら, これができてた昔の自分に戻れるような気がします。
Gigiさん,いい言葉をありがとう。

逃避

I want to get away, get away, get away, get away.

I don’t get away, get away, get away, get away…

But I want to get away, get away, get away, get away.

I don’t get away, get away, get away, get away!!