MZ-10の修理

お盆までは付いていたはずのレンズ交換ボタンがどこかで脱落し、レンズの交換が困難な状態になってました。

 

どこかに引かっけてしまい外れたのだとは思いますが、全然記憶にない上に、カメラバッグの中にも落ちていなかったので、同じ本体のジャンク品を手に入れてボタンの移植をしました。

このジャンク品は常時ミラーが上がった状態で、シャッターは切れるもののファインダーを通した被写体の確認ができない(ミラーが上がっているために真っ暗)ため、正しい露出量もはじき出せないシロモノです。

使えなければ価値は無いですが、本体価格よりも送料の方が高いのは、正規で買った者としては何だか複雑です。そんなものなのは十分承知していますが(笑

 

一部分解して取れたボタンがコレです。

 

そのボタンを、自分のカメラに装着して無事に修理完了です。

これで、レンズ交換の不便さが解消され、元通りの使い方ができます。

あぁ、一安心。

“MZ-10の修理” の続きを読む

続・10,000人の写真展

シャレオまで見に行ってきました。

数えたわけでは無いですが、

展示会場には500枚かそれ以上の写真が展示されているようでした。

 

一枚いちまいをじっくりと見ていた割には自分の写真をすっかり見過ごしてしまい、

残すところ30分くらいになって気づいたので慌てて探すはめに(笑

…と、はじめからもう一度見なおして、最初の方の一番したの段に展示されているのを発見。

これは見落とす訳だ…なんて思ってみたものの、これは苦し紛れの言い訳で、

自分の写真が他の人の写真に比べて「しぜんに人の目にとまる」ものではなかったのだと実感。

今回出店した自分の写真を否定するわけではないですよ、もちろん(^^

 

“続・10,000人の写真展” の続きを読む

一眼レフ × スライド

月曜日お昼に現像に出したフィルムを受け取りに行きました。

ポジフィルムを使うのは2回目で、一眼レフで使うのはこれが初めてです。

写真を撮ることが好きなのに、

これまでリバーサルに手を出さなかったのは自分でも不思議ですが、

リバーサルの魅力に惹かれたのは、数年前に買ったトイカメラに

120リバーサルを装填して撮った写真が想像以上に綺麗だったことに

影響されたというところが大きいかもしれません。

ということで、一眼レフ初ポジの仕上がりはこんな感じです。

下段のフィルムは、先週、神戸で撮ったもので、左は事務室、中・右は三ノ宮駅前の道路の

工事現場を撮ったものです。

上の画像では全然分からないですが、駅前の写真はかなり雰囲気良く撮れてます。

いずれも狙って撮りに行ったためか、どれも納得のできるものばかりで

久しぶりにフィルム一本まるまる満足です。

 

ストックも2本あるので、装填してカメラを持ち歩こう。

 

“一眼レフ × スライド” の続きを読む

10年前のフィルム

初めて一眼レフを買ったとき、カメラ屋で種類の違うフィルムを買いました。

カラーネガ モノクロネガ カラーポジ

そのうち、ずっとカメラバッグの中で眠っていたのがカラーポジ。

 

そのフィルムを使って写真を撮り、現像したのがこれ。

10年くらい前のフィルムがちゃんと撮ることに耐える状態なのかわからないし、

撮れているかどうかも不安だったけれど、考えていたほどひどい状態ではなかったので

良かったです(^^

 

プリントするのも楽しみ。

写真取りに

いつもお世話になってる写真屋さんに、現像に出したフィルムを取りに行ってきました。

ナチュラに入れてたフィルムだったのだけど、写真を見てビックリ(笑
一年前の別府・湯布院旅行の写真が…。あと、ゴールデンウィークの蒜山での写真も。

先日出したフィルムと同様に、しばらく触ってなかったみたいです(^^;

週末は友達の墓参りで帰省するので、家に置いてきた一眼を回収してこようと思います~。

20110401-114719.jpg

今日は、桜餅をもらっちゃいました(^_^)
お世話になって、はや三年が経とうとしてるので、それを考えると時間過ぎるのがはやいです(^^;

変な天気

昨日は、雨が降ったり晴れたりだったし、今日は寒いしどういうことなんだろうか。

そういう一年前の明日も雪が降ってたみたいだし、

あと1回くらいは雪がつもるんだろうか…。

さてさて、昨日受け取ってきた写真はこんな感じに仕上がってきました。

1枚目は京都、清水寺から下っていく途中の路地の写真。

2枚目は、梅田スカイビルの横にある日通の倉庫を撮った写真。

フィルムスキャナではなく、プリントした写真をスキャナで取り込んだので、

色が完全に再現できている訳ではないけれど、フィルムが古いとこんな感じになるみたいです。

こういう雰囲気、好きです。

1年寝かせて(?)よかったのかも(笑

ディジタル加工で何でもできてしまう時代に、リアルを記録できる方法の一つであるフィルムという媒体は、

やっぱり貴重だなぁと思った久しぶりの現像でした。

写真プリント

プリントに出していた京都に行ったときの写真を取ってきました。

そして、意図せず古めかしい感じに仕上がって(笑

なんでも、フィルムが古いのが原因だそうです。

・・・

というのも、以前、このカメラで撮影した白黒写真のフィルムに傷が入ったので、

チェック用の安いフィルムをいれたまま、使うのを敬遠し、

持ち出す機会を失ってたので仕方がなかったかなと。

カメラの中に、1年以上フィルムをいれていたのは間違いないので・・・(^^;

でも、今回の現像で傷が入らないことが確認できたので、

呪縛から解き放たれたこのカメラに、フィルムを装填して持ち出そうと思います。

“写真プリント” の続きを読む